ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

E.T. 無料動画をフル視聴配信(映画 吹き替え)TV地上波 Dailymotion 9tsu openload

E.T. 洋画

(c)1982 Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

映画 「E.T.」 劇場予告

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『E.T.』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『E.T.』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『E.T.』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『E.T.』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『E.T.』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『E.T.』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『E.T.』監督スティーヴン・スピルバーグの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・ジュラシックパーク

・ロストワールド/ジュラシックパーク

・ジュラシックパーク3

・ジュラシックワールド

・ジュラシックワールド/炎の王国

 

\ 作品映像をチェック /

▼ スティーヴン・スピルバーグ監督の作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『E.T.』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『E.T.』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『E.T.』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『E.T.』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

1982年に公開されたアメリカのSF映画です。

E.T.は宇宙人なのだけどとても人間的なところなどはいま観ても新鮮で感動的な作品です。

あらすじ

・円盤の着地

ある森に数人の宇宙人が山の中を散策しています。

彼らの目的は地球の植物の採取なのです。

採取の途中で人の気配を感じて宇宙人たちは宇宙船に乗り離陸します。

その時、町の灯りに気を取られていて取り残された宇宙人がいました。

それがE.Tなのです。

・エリオットと宇宙人の出会い

兄たちはゲームをして楽しんでいました。

ピザの宅配が届いたときにゲームをしていないエリオットはそれを受け取ろうとしたときに物置から音が聞こえました。

見に行ったときには物置には何もありませんでしたが、隣のトウモロコシ畑で気配を感じたのが宇宙人(E.T.)との出会いなのです。

次の朝、家族に宇宙人をみたと話しても信じてくれるはずはありません。

・招き入れた宇宙人

物置にまだ宇宙人がいるのではないかと見張っているとエリオットの前に宇宙人が現れ驚く気持ちもありますがうれしくもなりました。

彼を自分の部屋に招き入れて、クローゼットに見事に隠したのです。

次の日、エリオットは熱が出たと学校を休んで色々な方法でコミュニケーションを取ろうとしていきます。

・帰宅した兄マイケル

夕方になり帰宅したマイケルに「秘密を守ってね」と約束させてE.T.を紹介します。

その後すぐに妹のガーティが帰ってくると、驚きのあまりお互いに叫び出してしまいました。

同時に帰宅した母にばれそうになりながらもなんとかE.T.をなんとか隠して「僕が守る」の言葉に2人は仲良くなっていきます。

・突然変異の動物

兄のマイケルはオラウータンか何かの突然変異かもといったけどそうではありません。

エリオットはE.T.にどこかから来たのかを訪ねると、宇宙の方向を指し、持っている木の実を浮かせてみんなを驚かせます。

・2階からの物音

エリオット達が学校に出かけた後なのに母は2階からの物音がしたので部屋を見に行ってクローゼットを開けてみますが、E.T.はヌイグルミ達にまみれていてなんとか気づかれませんでした。

・化学の授業

留守番をしているE.T.は冷蔵庫で見つけたビールを飲んで酔ってしまいます。

そのころエリオットは化学の実験でクロロホルムを使ってカエルを眠らせようとしていたところでしたが、E.T.と同じように酔ったかのようにカエルを逃がしたり、急にダンスを始めたりしてみんなを驚かせたのです。

・言葉が話せるE.T.

留守番しているときにE.Tはテレビを観ていて学習したのもあり、ガーディと絵合わせでも少し言葉が話せるようになっていました。

「家に電話したい」と何度もいってきたのでエリオット達は通信機を物置で作ることにしたのです。

エリオットが作業中に刃物でけがをすると、E.T.が放つ光でその傷を瞬く間に治してくれました

。彼には再生能力があるのかもしれません。

・季節はハロウィン

エリオット達はE.T.と兄ともに変装をして街に出かけます。

途中で「暗くなる前に戻れよ」と兄と約束すると、通信するために森に向かいます。

エリオットが自転車にE.T.を乗せて走っていると不思議なことに浮かび上がり森まで飛んでいくのです。

森に着くと2人はすぐに通信機を動かし始めました。

しばらくするとエリオットとE.T.の力で通信することに成功したのです。

・侵入者

子供たちの帰りが遅いので心配した母が外に出かけるとともに侵入者がやってきました。

・倒れてしまったE.T.

朝になり体調を崩したエリオットがフラフラになりながら帰ってきて兄に「E.T.を探して」とお願いします。

マイケルが森に着くとE.T.は衰弱して倒れていたのです。

ネタバレ

・侵入者はNASAの科学者だった

瀕死の状態で家に戻ったE.T.をみて母は子供たちの言葉も聞かずに外に出ようとします。

その時にNASAの科学者たちが入り込みエリオットとE.T.の感情が連動しているのだと知ります。

「E.T.僕は一緒にいるよ」と会話を交わすのですが、E.T.の生体反応をなくしていったのです。

翌朝、マイケル目覚めると咲かせていた花が枯れてしまいました。それは彼の死を示していたのです。

・息を吹き返すE.T.

NASAの人たちに「解剖されてしまうの」と聞くとエリオットの気持ちを察した職員の一人が最後のお別れをするように言ってくれました。

「君が死んでしまったけど僕は君のことを忘れないよ」といって立ち去ろうとすると、枯れてしまった花は再度咲くのが見えました。振り返るとE.T.の胸が赤く光っているので生きていると喜びます。

NASAの職員の前で悲しんでいるようにみせて脱出することを考えます。

・命がけの逃走

E.T.が生きていることはすぐにばれてしまいNASAの職員は引き留めようとします。

家の周辺にいた友人に丘の上の公園まで来てくれと頼んですぐに車に乗りこむと必死で運転します。

追っ手をなんとか振り切って丘の上の公園にたどり着くと友人たちは自転車を用意して待ってくれていました。

E.T.の姿をみた友人たちもはじめは驚いたけど、みんなで森へ向かって必死の走行をします。

追っ手は容赦なく道を阻まれるのですが、E.T.の力で自転車が舞い上がってなんとか逃げ延びることができました。

・E.T.との別れ

通信機のある森に着くと宇宙船が迎えに来ていました。

E.T.は「ずっとここにいるよ」と心をさしてみんなに別れを告げると、花を持って宇宙船に乗りこみます。

宇宙船が飛び立つと同時にきれいな虹が見えたのです。

\ 本編をチェック! 

映画『E.T.』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

エリオット (ヘンリー・トーマス)

メアリー  (ディー・ウォーレス)

マイケル  (ロバート・マクノートン)

ガーティ  (ドリュー・バリモア)

Twitterでの反応

こんな人にオススメ

・スティーヴン・スピルバーグの作品が好きな人

・感動系の映画が好きな人

・家族で映画を見たい人

感想

感想はここから見れます
女性60代
女性60代

この作品は何度見ても感激する映画です。
E.T.というのは登場する宇宙人のことなのですが物語が始まる最初だけ見るとファンタジーとは思わずちょっとE.T.自体も見た目が気持ち悪いのですが話が進んでいくうちにとても可愛くていい話だと思いました。
子供の感性はすごく柔軟で宇宙人だとするのではなく友達だとすぐに仲良くなっていくのに対し大人は彼を研究材料としか見ないところが対照的。
死んでしまったと思ったときは悲しくて涙があふれたのですが時間が経つにつれて生還していくのを見て「わー涙返せー」と大笑いしました。
その後はあの有名な空に飛ぶシーンに行くのですがその間大人が自転車の彼らを車で追いかけるのですがその追っ手をものともせずE.T.を森まで連れて行き送り届ける事ができほっとしました。
お母さんにばれないように隠し続けクローゼットの中のぬいぐるみもどきは最高でしたしハロウィンの仮装もお母さんの目をうまくごまかしたりE.Tががーティーの思うままになっていた事もとてもかわいかったです。

続編がないことが残念だと思っていましたが最近になってものすごく短編の続編があるのを知り見てみましたがそこには大人になったエリオットとその家族がいて家族を連れて訪れたE.T.の姿があり涙が出ました。
それは何日かしか過ごしていなかったのに一気に戻ったような気がしてエリオットの家族もE.T.と受け入れてくれているのがほっこりしました。
あれはあれで短編でしたがぎゅっと詰まっていて本当に良かったです。

この映画は何度見てもいつ見ても感動する映画だと思います。

男性60代
男性60代

『E.T.』とは「The Extra-Terrestrial」の略で「地球外生命体」を指しています。監督はスティーヴン・スピルバーグでゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品、アカデミー賞と多くの受賞をしました。スピルバーグは人食いザメを題材にしたパニック映画『ジョーズ』で興行収入トップの位置を築きました。この『E.T.』は異星人と少年たちの交流をテーマにした映画で、SFファンタジーの世界を映像化し『ジョーズ』の興行収入を見事記録を打ち破ることができました。音楽はジョン・ウィリアムスの担当でメロディラインの美しさは記憶に残っていることでしょう。配役はヘンリー・トーマス扮する10歳の少年エリオット、その兄にロバート・マクノートン扮するマイケル、妹にドリュー・バリモア扮するガーティ、母にディー・ウォレス扮するメアリーなどです。一般の日本人には、スターと呼ばれる俳優はこれといっていませんが、感動を呼ぶ名作です。ストーリーは宇宙船がとある森に着陸し、サンプル採取の作業をします。それを追う政府機関を察知した異星人は、慌てて宇宙船を離脱させます。一人だけ残された異星人は少年エリオットに匿われるところから始まりますが、スピルバーグ監督はファミリーの抱えている色々な要素を取り入れながら上手く映像化しています。やがて異星人はETと呼ばれるようになりますが、少年エリオットの協力を得て、森でETの生まれた星との通信に成功します。ETは帰路途中、道に迷い、川へ転落し意識不明の状態に陥ります。捕らえられたETは、政府機関の科学者らに監視されます。突然、死んだはずのETが、意識を取り戻し、再び取り戻したETを自転車に乗せ、少年エリオットは、通信した森へと急ぎます。追いかける科学者らで、この映画のハイライトシーンへと展開します。追い詰められた思った瞬間、ETを乗せた自転車は宙を飛び、通信場所に到着します。自転車ごと宙に浮いたシーンは告知ポスターにもなり、感動を誘うシーンです。そして少年エリオットは母船に向かうETと別れるシーンにつながります。別れの抱擁は、ETとの交流の深い絆のシーンで涙腺が緩くなりました。ETとエリオット少年が指と指でコミュニケーションするシーン、少年たちの見事なチームワークでETを救い、やがて母船が離れてゆくシーン、など記憶に残る名作でした。

女性40代
女性40代

宇宙人とお友達になれる夢とロマンにあふれたSFファンタジー作品です。だいぶ昔の映画なので映像や背景に古さや違和感を感じるところもありますが、この時代にこれだけの映像技術とストーリーの素晴らしさを表現した監督スティーヴン・スピルバーグはやっぱり天才だと改めて実感します。
ストーリーは主人公・エイオットが地球に迷い込んだ宇宙人・ETを大人達から守って宇宙に返してあげる内容です。ETの見た目は一言キモ可愛いです。驚いた表情やひょこひょこ歩くしぐさに癒しを感じます。エイオットとETがお互いの人差し指をくっつけるシーンは有名ですが、意思疎通通いすぎてETが酔っぱらうとエリオットも酔っぱらうなどのシーンもあり、アメリカ映画らしいユーモアを感じます。
作品の見どころは、ETのテーマ曲と共に、子供達とETを乗せた自転車が空を飛ぶシーンがとてもかっこ良いところです。今観ても、何回観ても、心が躍るおすすめのシーンです。そしてスティーヴン・スピルバーグ監督の描く映画はやっぱりいいなと心から感じます。
小さい頃大好きで何度も観ましたが、今観ても充分面白い作品です。ただもしかしたら今の若い方には物足りなさを感じるかもしれません。それでもETをおすすめしたい理由は今の映像技術に負けないくらい、スティーヴン・スピルバーグ監督がこの作品に込めた想いや情熱を強く感じるからです。是非宇宙人に会う夢をこの映画を通して叶えてほしいと思います。

女性30代
女性30代

何度見ても感動します!
やっぱり名作は名作といわれるだけの理由がありますね。忘れらないシーンや、印象的なシーンが沢山あります。
E.T.とエリオットが出会うシーン、お互いに驚き叫ぶ様子から、あ、E.T.は怖い存在じゃないんだな、と分かります。
お菓子でE.T.をつって、自分の部屋に連れて隠すところが、幼心にどきどきわくわくしました。大人になって考えると、いや、まず大人に相談してよ!と思いますが、そうならないところが楽しいです。
となりのトトロで、メイが庭でトトロを見つけて追いかけるシーンがありますが、あの感覚と似ています。子ども目線で、ひたすら好奇心のままに行動する面白さがあります。
そうしてエリオットと心を通わせていくE.T.がかわいらしい。身長を張り合ってみたり、酔っぱらったり。エリオットと同じく、E.T.も好奇心旺盛な子供だということが分かります。
この映画は、一貫してE.T.は人畜無害な宇宙人として描かれます。何やら都市伝説業界では、この作品で人間に、宇宙人は友好的であると認識させたかった、と。まあ信じるか信じないかはあなた次第です。この映画では人間のほうが悪に見えます。
弱っていくE.T.を見るのはなんとも辛いです。エリオットは最初、E.T.にずっと地球に居てほしいと伝えるのに、弱ったE.T.を見て、宇宙に帰っていくことを手助けします。
このあたりのエリオットのE.T.を想う気持ちもとっても素敵です。
お別れのときにE.T.がエリオットを誘うところも、子供らしい無垢な感情で美しいです。離れていても心は一緒の2人。
名作です!

女性50代
女性50代

映画にそれほど興味がなかった私がなので、そのころ映画館で見た映画は、それほど多くはなかったのですが、この作品は、話題になっていたので見たのだと思います。一番の見みどころは、やっぱり宇宙人のETと、地球人の男の子の素晴らしい友情がとても感動するストーリーだという所です。有名な、ETと少年が、自転車に乗って空を飛んでいるシーンは、映画では、あの画像だけでは、いい表せないほどの感動を感じ、その湧き上がる感動で、涙が出てしまったのを覚えています。宇宙から来たETを研究材料にしたい大人達研究員や、そこで捕まってしまい、ETが死にそうになるシーンに悲しい気持ちになります。しかし、ETが生き返って、子供達に助けられ、宇宙船のある場所迄、協力して届けるシーン、初めてETと出会ってから、生活をする中で、無くてはならない友情関係が生まれ毎日を楽しんでいる二人のシーンも見どころです。楽しい地球人の少年との生活ですが、しかし、自分の生また場所に帰りたい子供のETと、離れたくない気持ち、そして曽根気持ちがわかる少年の複雑な気持ちを描いた感動作だと思います。子供か見る単純な映画だと思わず、一回見る価値は、十分におる心から感動すること間違いない映画だと思います。

女性30代
女性30代

子供の頃に親しんだ映画を3歳の息子と楽しもうと思い、久しぶりにDVDを手にした。子供の頃は理解できなかったエリオット少年の境遇が親になって胸に刺さった。子供の頃楽しめた作品が大人になると違う側面からの視点で楽しめるのは2度おいしいと思う。そういういみでもE.T.は旨味成分豊富で何度でも楽しめる素晴らしい名作だと言える。3歳の子供にわかるようにE.T. の言動をかみ砕きながら見た。人が死ぬことがない、ショッキングなシーンがないので子供と安心して見ることができた。スターウォーズを既に見ている息子とヨーダが何処にいるのか探すのが中々楽しかった。E.T.の言動に子供がはしゃいでる姿がとても微笑ましかった。エリオット少年の両親が離婚して母親しかいない状態は現代の多様化した家族関係にとってもマッチしていると思う。エリオット少年の妹役のドリュー・バリモアがとても愛らしくて忘れられない。本作でハロウィンを息子が初めて目にして自身も仮装をしてみたいと言っている。見終わると夢あふれるあのテーマソングが頭の中をぐるぐる回っている。子供がまたE.T.を見たいというので今度はスターウォーズエピソード1ファントムメナスを見せようかと思う。

男性50代
男性50代

1982年の作品です。スピルバーグ監督はこの作品の前に「レイダース 失われた聖櫃」を公開していてヒットメイカーとして揺ぎ無い地位を手にしていました。「E・T」はSFとか、ヒューマンなファンタジーと括られていますが、実際には動物映画のフォーマットに則って作られています。動物役はもちろんE・Tです。主人公トーマス エリオット少年(イニシャルがE T)との出会いから親に隠して家に連れ込んで世話をし始めるシークエンスはまるっきり動物映画です。この映画がヒットした理由は、永らくヒットが無かった(飽きられて廃れていた)動物映画の動物を「造り物のキャラクター」でリメイクして、そのキャラクターを売りにPRし公開した点に有ります。キャラクターは言う事を聞いて(動物は言う事を聞いてくれない)撮影が滞る事は有りません。つまり予算が余計にかかる事が無かったのです。この優点はプロデューサー主導のハリウッドでは歓迎されました。そして、これ以後、同様な作品は沢山作られる時代が来ました。映画はキャラクターありき、に拍車をかけたのです。「グレムリン」、「ゴーストバスターズ」、「ポルタ―ガイスト」、「遊星からの物体X」、「ターミネーター」、「ハリーとヘンダスン一家」、「ロボコップ」。「E ・T」より先に公開されていた「エイリアン」も続編制作が決定し、ハリウッド製モンスターは以後永きに渡り、あらゆるジャンルの映画に登場し続けたのです。

男性60代
男性60代

現在の妻と結婚する前に観に行きました。ですので物凄く記憶に残っています。アメリカのごく普通の家庭のようですが、そこにいる少年と宇宙人の出会いがとてもやさしくて良い映画だと思いました。友達だよと言う意味で指と指をくっ付けますが、とっても気持ちが豊になるシーンです。宇宙人と少年たちの触れ合いはごくわずかの期間ですが、相手を信ずる子供であるがゆえに、見かけは怖い宇宙人と仲良くなれたのだと思います。映画の中で、パパならエリオットが宇宙人を観たということを信じてくれるという話をします。そこで愛人とメキシコにパパが行っているという家庭内の騒動に触れますが、さらりとアメリカの家庭のありそうな話であり、それでもけなげに生きているということに胸が痛みました。E.T.という名前の発生は、エリオットの友達が名付けたもので、「エキストラ・テレストリアル」を略して「E.T.」となったということも、懐かしい思い出です。そしてE.T.が死亡したと思ったとき、見事に蘇生したのには涙が出ました。さらにそこからが、ラスト前の名シーンです。E.T.を助け出し自転車に乗せて郊外の森へ急ぐわけですが、エリオットたちは警察官や大人たちに追いかけられます。もうだめかと思った瞬間、E.T.の念力で、自転車と子供達を空にとばします。大きな月を背景に空を飛ぶシルエットは永遠に忘れられないでしょう。シンプルなストーリーですが、夢多き最高の作品のひとつです。

男性30代
男性30代

この映画『E.T.』の話は、なかなか現実では考えられないようなストーリーの為、終始、目が話せませんでした。
時々UFOを見た報告などがテレビの報道でありますが、この映画を見た後、もしかすると本当に実在するのでなないだろうか、と思ってしまいます。
人間に発見され、慌てて逃げる宇宙船のシーンで、置き去りにされてしまったE.T.が少し可哀想でした。必死に逃げるE.T.が印象的です。
もし、私が同じ立場だったらどれだけ辛いだろう、仲間に置き去りにされてしまった状況はショックだろうと心が締め付けられる想いでした。
しかし、そこから少しずつ、人間と友情が芽生えてくる所も見どころでした。あたたかみを感じました。少しずつ言葉を覚えていき、ぎこちない言葉で話す姿も
だんだん愛らしくなってきます。
そして、E.T.の不思議な力も印象部会です。エリオットが怪我をした時にE.T.が指に触れた瞬間、怪我が治ってしまう所も忘れられないシーンの一つです。
あと、クスッとしてしまったのがE.T.がお酒を飲んだ際に酔っ払う所も面白かったです。E.Tが酔っ払うとエリオットもお酒を飲んでもいないのに酔っ払っている状態になる一心同体の状況もほっこりしてしまいます。
いろんな感情が楽しめる素敵な作品です。

女性20代
女性20代

E.T.のことを最初は気持ちの悪い生物だなと思っていましたが、ストーリーが進んでいくにつれ、どんどんの愛おしさが募っていきました。

姿形も奇妙ですが、声も奇妙で、身の毛がよだつようでしたが、その声もどんどんと可愛らしいものに聞こえ、最後には大好きになっていました。

なんといっても素敵なのがE.T.の中身です。

穏やかでまっさらな心を持っているからこそ、E.T.というキャラクターに魅了されたのだと思います。

動きもすごくリアルでこんな生物が本当にいるかのように映す映像技術には驚かされました。

そしてこの作品を見るといつも心が洗われるような気持ちになります。

純粋な少年エリオットとE.T.の友情を見ていると自然と涙が溢れてきます。

やはり最も印象に残ったのはE.T.を乗せたエリオットの自転車が空に浮いたシーンです。

月明かりに映される2人の姿が、まるで一枚の絵を見ているようで感動的でした。そしてこの作品は音楽も素晴らしいです。

映像だけでなく音楽でもあるはずのない世界を体験しているような気分にさせてくれました。

最後、エリオットとE.T.が離れ離れになってしまう結末は少し悲しかったですが、それでも心がじんと温かくなりました。

まとめ

スティーブン・スピルバーグの代表作で老若男女のどの世代にも受け入れられる作品です。

エリオットとE.T.の友情はどの世代の人もうらやましく思えます。

そんな『E.T.』を動画視聴で楽しみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました