ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ジュラシックパーク3 無料動画配信フル視聴(続編映画 吹替) Dailymotion Pandora 9tsu

ジュラシックパーク3 洋画

TM&(C)2001 UNIVERSAL STUDIOS AND AMBLIN ENTERTAINMENT, INC. All Rights Reserved.

ジュラシック・パークIII (吹替版) – 予告編

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ジュラシック・パーク3』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ジュラシック・パーク3』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  〇 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  〇 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ジュラシック・パーク3』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ジュラシック・パーク3』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ジュラシック・パーク3』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ジュラシック・パーク3』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『ジュラシック・パーク3』の監督であるスティーヴン・スピルバーグの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・バックトゥザフューチャー1

・バックトゥザフューチャー2

・バックトゥザフューチャー3

・レディー・プレイヤー1

\ 作品映像をチェック /

▼スティーヴン・スピルバーグ監督の作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『ジュラシック・パーク3』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ジュラシック・パーク 3』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ジュラシック・パーク3』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

『ジュラシックパーク』の歴代作品紹介

ジュラシックパーク 作品 U-NEXT hulu TSUTAYA TV/DISCAS
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド/ジュラシックパーク
ジュラシックパーク3
ジュラシック・ワールド
ジュラシック・ワールド/炎の王国

2020年9月現在、『ジュラシックパーク』シリーズの第6作品まで『TSUTAYA TV /DISCAS』『U-NEXT』『hulu』にて視聴できます。

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

映画『ジュラシック・パーク3』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

あらすじ

・ソルナ島

立ち入り禁止となったソルナ島付近の上空で撮影を行うベンとエリックは恐竜の存在を知りながらその行動を取っていた。

引っ張ってもらっていたクルーザーは気づけば乗員が存在せず無人となっており島に着陸せざるを得なくなってしまう。

一方でグラントはエリーと子供達に会っていた、彼らは今は恋人ではなくエリーはマークという外交官と結婚しているのだ。

グラントは有名な学者として満員の講演会も珍しくないのだが皆が求めているのは恐竜に関する彼の体験談だった。

そんな彼を訪問するポールとその妻アマンダはソルナ島上空を飛んでもよいという許可を得ているそうでその案内を依頼してきたのだ。

彼らの結婚記念日ということで、最初は微妙な反応を見せていたが研究資金の約束から承諾する。

しかしその案内は上空だったはずが島へ上陸し、止めようとしたグラントは気絶させられてしまう。

彼らの目的はここにいると予想できている息子のエリックを探すことで、実際は二人は夫婦ではなく元夫婦だった。

しかし恐竜の危険性を認識していないアマンダは拡声器でエリックを呼び、スピノサウルスを呼び寄せてしまう。

セスナで離陸しようとするも真っ二つになり飛行不能、数名いたメンバーのうちの二名が食べられる。

残りのメンバーで森を歩く最中にパラシュートにビデオカメラを発見し、エリックの堕落直前の映像が残っていた。

パラシュートを持っていこうと引きずるとベンのミイラ死体が見えアマンダは強いショックを受け走り出す。

彼らは多くの卵を見つけるのだがそれはヴェロキラプトルのもので、メンバーのうちの一人のビリーは卵を二つ盗んだ。

グラントたちは長期間放置されたままの研究施設へ向かい、、ヴェロキラプトルに出会うも草食恐竜にまぎれ逃げ切ったのだが、ユデスキーだけは捕まってしまった。

グラントははぐれたタイミングでヴェロキラプトルに襲われるのだが催涙弾により救われる。

ネタバレ

・恐竜との対峙

催涙弾を使ったのはアマンダ達が救いにきたエリックで、彼は施設の物をうまく使い生きていたのだ。

海で合流しようとそれぞれが海へ向かい、エリックは柵越しに両親と再会する。

しかしそこにスピノサウルスが近づき、柵の内へ入っても柵を破壊し全員を追いかけてくる。

スピノサウルスから逃げ切った先でグラントはビリーのバッグを返すよう求められそこでヴェロキラプトルの卵に気が付き、今まで追われていた理由が発覚するのだった。

船で下流の海へ移動をするためにつり橋を使って移動しようとするのだがそこでは翼竜により襲われエリックが食べられそうになってしまう。

そこをビリーが救うが、助けに行く際に使ったパラシュートが引っかかってそのまま襲われる。

その後救助を待つために排泄物から探した衛星電話で電話をかけ、スピノサウルスを追い払いつつ海へと向かう。

最後に追ってきたヴェロキラプトルに卵を返し、ヘリと大規模軍隊により彼らは助かったのだった。

\ 本編をチェック! 

映画『ジュラシックパーク』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

アラングラント (サムニール)

ポールカービー (ウィリアムHメイシー)

アマンダカービー (ティアレオーニ)

ビリーブレナン (アレッサンドロニヴォラ)

ユデスキー (マイケルジェッター)

エリックカービー (トレヴァーモーガン)

主題歌

ジュラシックパーク テーマ曲

Jurassic Parkのテーマ曲

Twitterでの反応

こんな人にオススメ

恐竜が好きな人。

前作を見て続きが気になった人。

今作、エリーは既にグラントの恋人ではなくなっていますが、終盤に彼を救ったのはエリーでした。

しかしこの映画のメインは恐竜ですのでわりと些細なことといえるかもしれません。

感想

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

エリーと別れてしまったグラント博士が三たび冒険に乗り出します。

危険を承知で恐竜に近づくわけですから、それ相応の理由があるわけですが、今回はポール元夫妻の行方不明になった息子エリックの捜索です。

愛する子供のため必死なわけですが、結婚記念日のため上空から、島を見るだけと聞かされていた博士からすれば、若干騙された感がありますね。

ともあれ、恐竜を横目に見ながら、恐怖感と戦い、必死の捜索は続きます。

エリックは見つかるのか、自分たちはどうなってしまうのか、といったところが見どころですね。

生きているかのような細かい動きを繰り出す恐竜たちにも注目してください。

犠牲者が出る中、またラプトルと再会する中、エリー博士の遠隔操作もあってなんとかしのぎます。

ラプトルは犠牲者の腕を動かしておびき寄せようとするなど、人間顔負けの知能を見せつけてきます。

気が動転しているので、グラント博士がいなかったら、もっと被害は広がっていたでしょう。

エリックの母、アマンダは拡声器を使ったりするので、博士はハラハラし通しだったでしょうね。

男性30代
男性30代

初回作品、前作に引き続き、楽しめる作品です。

シリーズもので連続して楽しめるのはなかなかないのですが、監督が変わったためか、興行的には失敗し、ハリウッドはジュラシックパークから10年以上距離を置くことになります。

大作に投資をするのは大変ですし、リスクも高いですからね。たしかに、これまでの作品と比べると恐竜も怖いとかすごい、という驚きは後退して、どこかキャラクターというか、アイコンになってしまい、これまでの作品よりも新鮮味はなくなっている、というのはあるとは思います。

これはエイリアンなどのシリーズでも同じですね。ただ新たにリブートされた作品がヒットしているのをみると、やはり恐竜映画に対する需要は高いのであると思います。

本作も十分に楽しめる映画となってます。純粋にパニック映画をみて、充実した2時間が過ごせます。

前作と変に比較するというより、シリーズでも別物の作品としてみると面白いです。

おすすめな映画です。

 

男性30代
男性30代

ジュラシックパーク3は前作ロストワールドよりも一作目のジュラシックパークに原点回帰している様に感じました。
ロストワールドはどちらかというと動物パニック、モンスターパニックものに近いカテゴリーでした。ジュラシックパーク3にも、もちろんその要素はあります。

両作の違いがあるとすれば、恐竜を「凶暴な生き物」とするか「怖いけど興味深い生き物」とするかだと思います。
そもそもこの手の映画を好んで鑑賞される方は、恐竜が嫌いなはずがないのです。
ジュラシックパーク3を観ていると当然、大小様々な恐竜に襲われます。しかし、襲われるのは、人間側(襲われる側)の選択と行動の結果があると思います。
危険な森に向かって大声を出したり、卵を盗んだりなど。
飛躍した言い方をするならば、因果応報なのです。

作り手の恐竜=悪ではないというスタンスを感じ、恐竜が好きな私たち観客も無意識の内にそのスタンスを共有しているのです。
また、登場人物たちの成長も見所です。

一作目で成長している主人公(サムニールことアラン)はあくまでメンター的立ち位置で、周囲のキャラクターの成長に力点を置いているのも、歴代ジュラ好きとして好感が持てるポイントでした。
キャラクターの今後を幸せになってほしいと感じさせるジュラシックパーク3は間違いない良作だと思います。

女性30代
女性30代

ジェラシックパークⅢを初めて見た時、全体的に暗くうっそうとした雰囲気の映画だなという印象を受けました。

あらすじ的にも、最初のジェラシックパークに登場したグラント博士が騙されて、イスラ・ソルナ島に上陸させられるので仕方ないかもしれません。

グラント博士を演じている俳優さんは、ダンディーな感じで恐竜オタクという感じが全然ありません。

インディージョーンズの博士に雰囲気が似ています。

ありきたりな展開ですが、専門家である博士の言う事を聞かずに行く先々で恐竜を呼び寄せるメンバーたち。

実は島の上空をパラグライダーで飛んでいた息子が行方不明になったので、救出に来たというのが今回の映画のストーリーですが少し無理があるのではと思います。

立ち入り禁止の島の周辺上空を、息子だけでパラグライダーに乗せるという暴挙は、子どもを持つ親であればありえないと思うでしょう。

そして、息子が恐竜島で2か月サバイバルしていたというストーリーは、結構強引です。

スピノサウルスやプテラノドン、ヴェラキラプトルといった恐竜が余すことなく見れる所は、恐竜好きとしては満足のいく作品だと思います。

男性20代
男性20代

地上波でもDVDでもHuluでも何回も見てしまうくらい前作のロストワールドよりスリリングな作品でした。
パラグライダーで行方不明になった息子を探すためグラント博士に依頼した夫婦とともにイスラヌブラ島着陸時点から恐怖の連続でした。
島につくやいなや、スピノサウルスが登場してくるのでそこは見どころだと思います。
またジュラシックシリーズに出ているグラント博士も相変わらず頑固な恐竜博士で、他メンバーとのちぐはぐになるのも面白かったです。

一番怖いシーンは島で行方不明になった息子を探すために使用した無線子機の着信音がスピノサウルスのお腹から聞こえてくるところです。

その音もスピルバーグ監督が考えたのか音階も怖かったです。
映像世界に関しては、ジュラシックパークⅠから8年で素晴らしく進化しており、ティラノサウルスとスピノサウルスとの戦いも迫力満点でした!

ラストに登場してくるラプトルの生態と失踪した息子はどうなるのか、ぜひ皆さんご覧ください!

男性30代
男性30代

ジュラシックシリーズの3作目です。これでいったんジュラシックパークの回は終わり、次からはジュラシックワールドに入っていきます。
そんなジュラパの最後の話です。
今回は第1話でメインだったグラント博士が再度登場、メインになってます。
興味深いのは、あんなに恐竜大好きだったグラント博士が、「もう恐竜なんてこりごり!」キャラになっていたことです。
それでも罠にはまり再度恐竜たちの住む世界に来てしまうのですが。
恐竜マニアだったのに、という問いに「それは食べられそうになる前の話だ!」(ニュアンスです;)と返すのがなんともリアルで深く、納得しました。
唯一、このジュラパ3だけは、恐竜を蹂躙することを目的としていません。
いつも恐竜を見世物にしたり、利益のために売買しようとしたりする人間が出てきますが、今回の目的は違います。
いなくなった子供を親が必死に流すもの。文字通り必死です。
なので恐竜を想って心を痛める、人間の愚かさを感じる、というよりは、圧倒的に恐竜から逃げるシーンが多いです。
個人的にはサトラー博士が違う男性と結婚してしまったのがショックでした。
ジュラシックワールドの次回作にはグラント博士が出演するらしいので、楽しみすぎます。

男性30代
男性30代

ジュラシック・パーク作品は1から見ていましたがどの作品も恐竜たちの動きも細かく実際に現代にもいるかのような動きまで再現されている部分が私は好きです。

今回作品はスピルバーグ監督から変わり、作品がだいぶ変わってしまい面白くなくなってしまうのではと思っていましたが変わることなくとても楽しく見ることができました。

90分映画となっているので普通の作品より短く物足りないかと思っていましたが十分に面白い。

恐竜たちも今までの作品よりもリアリティあふれ釘付けになってしまいました。

一つ残念だったのが私はレンタルでこの作品を視聴したのですが恐竜の鳴き声や動きの迫力などはやはりテレビからでは伝わりにくく映画館のスクリーンで迫力を感じながら視聴すればよかったと後悔してしまいました。

どの映画も実際に映画館で視聴したほうが大迫力で楽しめると今回の作品をテレビで見たことにより実感したまでです。

今では映画館で見ることはできませんが、レンタルでも楽しむことができる作品です。

女性30代
女性30代

バカな大人がたくさん出ていたという印象です。あんな島の近くでパラセーリングなんて馬鹿だし、だまして、グラント博士を連れてくるなんてひどいし、そのせいで一人死んでいるし、かわいそうでした。

まあ、子どもを救いたいっていう親の気持ちはわかるのですが、かなりグラント博士たちはあの元夫婦に振り回されたなと思いました。

今回は、2では出なかったグラント博士が復帰してくれていてかなりおもしろかったです。

やはり、グラント博士の恐竜のことを知っているから、恐竜から逃げれる感じが最高です。

また、大人は馬鹿でしたけど、島に残された子どもは一人で何日も生き抜いていてすごい子でした。

それに、冷静だし、見ていてイラっとするところがありませんでした。今回もたくさんの恐竜が出てきて、そこが見どころです。

特に、携帯電話の使い方がべたなんですが、すばらしいのでぜひ確認してほしいです。

また、翼竜も出てきて、前とは違った怖さもありました。

今までの作品よりも短めで見やすい作品なので、ぜひ見てほしいと思います。

女性30代
女性30代

現代に恐竜をよみがえらせる、という設定でヒットしたジュラシック・パークシリーズの3作目で、今回は「行方不明になった少年を探すために、恐竜の島へ足を踏み入れる」という冒頭から始まる作品でした。

今作の見どころはやはり、ティラノサウルスと互角の戦いを見せる新恐竜スピノサウルスの存在です。

背にヒレがあるという特徴的な姿と、これまで圧倒的な強者として1作目・2作目に登場したティラノサウルスと渡り合える戦闘力を持つ点など、恐竜単体として見ても目を引く存在です。

その新たな強敵の猛攻をかわしながら、目標となる少年を捜索し、連れ帰るという冒険が繰り広げられる傍らで、家族の絆の確認や、主人公師弟の人間模様が描かれている点も見逃せません。

ジュラシック・パークシリーズと言えばおなじみの強敵ヴェロキラプトルも、今作では奪われた卵を取り返そうと群れで襲撃してきます。

これまでの、単なる恐ろしい襲撃者としてではなく、母性や協調性を感じさせる行動を見せるラプトルの姿も、しっかり確認しておきたい内容です。

女性30代
女性30代

ジュラシックパークシリーズで一番、食べられたりするシーンが少な目で見やすい作品だと思います。

他のシリーズにはないギャグ要素のようなものもあり、私は今までのシリーズで一番おもしろく何度もみてしまいます。

無線機がカギとなるストーリーです。

息子が、パラグライダーで恐竜の島に不時着して何日もたっていて絶望的なのにたくましく生き延びていたことにもすごいと感じました。

それにひきかえ両親は学習しないので、息子をさがす度に大声をはりあげたりしてどうしようもない両親ですが、父親はなぜか憎めない存在です。

妻を気遣う場面もあり優しいです。母親がつんけんしています。

この二人の関係も、恐竜のいる嶋をとおして成長する姿みれます。

ラプトルの卵を盗んだ時、返すシーンもすごくハラハラしました。

恐竜博士が機転をきかして恐竜の骨で作った笛で鳴き声をまねするのもすごかったです。

無線機が恐竜の糞の中から音楽がなるシーンとティラノサウルスがこっちをみているシーンがほんとは恐怖を感じるシーンなのでしょうが、わたしにはなんというか少しギャグというか笑が起きてしまいました。

恐竜の顔がとぼけた感じにみえたからかもしれません。

まとめ

今回はスピノサウルスが何度も出てくる作品でティラノサウルスも有名ですがこのスピノサウルスもそれなりに有名で待っていたという人もいるのではないでしょうか。

恐竜系統のゲームでもティラノサウルスに並び常連となっているスピノサウルスの背びれの恐怖を是非映画で実際に味わってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました