ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

言の葉の庭 無料動画配信フル視聴(長編アニメーション 映画 新海誠) anitube 9tsu Pandora

言の葉の庭 無料動画配信フル視聴(長編アニメーション 映画 新海誠) anitube 9tsu Pandora アニメ映画

(c)2013「言の葉の庭」製作委員会

映画『言の葉の庭』予告編映像

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『言の葉の庭』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『言の葉の庭』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  〇 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  〇 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『言の葉の庭』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『言の葉の庭』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『言の葉の庭』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『言の葉の庭』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

新海誠監督の作品は『U-NEXT』で配信しています。

\ 作品映像をチェック /

▼新海誠監督の作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『言の葉の庭』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『言の葉の庭』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『言の葉の庭』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 U-NEXT FOD TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ

雲のむこう、約束の場所

秒速5センチメートル

星を追う子ども

言の葉の庭

君の名は。

天気の子

\新海誠監督のアニメシリーズの動画をぜひ! /

新海誠監督のアニメシリーズ作品の動画を視聴する

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『言の葉の庭』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

2013年5月31日公開のアニメーション映画。

新海誠監督の5作目の作品。

あらすじ

・雨の日の出会い

ある雨の日。

孝雄はいつものように、学校をさぼって新宿御苑の休憩所へ靴のデザインをするために向かっていた。

そこには、昼間だというのにチョコレートを食べながらビールを飲む女性の姿があった。

百香里と名乗るその女性をどこかで見たことがあると感じた孝雄は思わず声をかける。

そして、百香里は隣で黙々とデザインを書き続ける孝雄に向かって、万葉集の短歌を言い残して去っていく。

翌朝、快晴の空を見て、孝雄は学校へと向かう。

孝雄は雨の日だけ、午前中の授業をさぼって、新宿御苑で靴のデザインを考えることにしていたのだ。

そして、また雨の日。

孝雄がいつものように新宿御苑に向かうと、また百香里がチョコレートを片手にビールを飲んでいた。

孝雄と百香里は一言二言かわす程度の会話をし、そこから雨の日だけの二人の交流がはじまっていった。

・久しぶりに再会

今まで他人に話した事のなかった、自分の将来の夢を打ち明けることが出来た孝雄はいつしか雨の日が待ち遠しいと思うようになっていた。

そんなある雨の日、いつものように新宿御苑で会った2人はお互いの弁当を交換した。

孝雄が作った美味しいオカズと、百香里の作った不味いオカズを食べあい笑い合う二人。

そして7月に入ったある雨の日、百香里はお弁当のお礼にと、孝雄に本をプレゼントする。

そんな百香里に孝雄はプレゼントとして靴を作らせて欲しいとお願いする。

孝雄はどんどん百香里に惹かれていっていた。

梅雨があけ、晴れの日が続くことで2人が会う機会はなくなってしまう。

大人の百香里に対して、子供である自分の環境の違いに葛藤する孝雄は、なんとか近づきたいと、孝雄は夏休みの間必死にバイトをし靴の専門学校に通う費用を稼いでいた。

夏休みが終わり、孝雄は学校で百香里を見かける。

なんと百香里は孝雄の学校の古典の教師だったのだ。

そこで、孝雄は百香里がデタラメな噂を流された生徒から嫌がらせを受けていたと知る。

百香里は嫌がらせのせいで、精神的に追い詰められ味覚障害を患っていた。

チョコレートとアルコールの味しかわからなくなっていた百香里にとって、少し感じた孝雄のお弁当の味。

百香里にとっても、孝雄は時別な存在になっていたのだ。

ネタバレ

・伝え合うお互いの想い

そして、新宿御苑へと向かうとそこには百香里がいた。

そこへ突然の大雨が降り出し、雨宿りのため2人は百香里のマンションへと行くことにする。

そこで、自分の気持ちを正直に伝えた孝雄に百香里は来週、四国の実家へと帰る事を伝えた。

「今までありがとう」という、百香里の、言葉を聞いた孝雄は部屋を飛び出してしまう。

しかし、百香里はすぐに後を追い孝雄に抱きつき、自分の心の内を打ち明ける。

2人は強く抱き合うのだった。

そして、季節が冬になった頃、四国にいる百香里から手紙が届く。

手紙を読んだ孝雄は、自分がもっと自分の足で遠くまで歩けるようになったら、百香里の為に作った靴を持って、百香里に会いに行こうと心に決めるのであった。

\ 本編をチェック! 

映画『言の葉の庭』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

秋月孝雄  (入野自由)

雪野百香里 (花澤香菜)

主題歌

秦 基博  『Rain』

Rain – 秦基博(フル)

Twitterでの反応

https://twitter.com/10ving1ife/status/1269287176090513408
https://twitter.com/S6RAnao/status/1075939718238326784

こんな人にオススメ

・ご家族で見たい人

・カップルで見たい人

・感動映画が見たい人

感想

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

言の葉の庭は、主人公もヒロインも闇を抱えていて、物語全体を通してとても暗い話だと思った。主人公は不登校で、学校へ行くふりをして庭園に行く。その学校の教師であるヒロインも同じ庭園にやってくる。その出会いを通して、やがて学校での教師いじめに主人公が立ち向かっていく話だ。物語の設定にはやや無理がある気がする、といった印象だ。
物語の始まりには庭園に降り注ぐ雨が描かれているが、その絵はさすが新海誠と言わざるを得ないだろう。池に写る木々や、波紋がとても美しく、ストーリーよりもイラストのきれいさを楽しむ作品なのではないだろうか。ただ、物語が暗いと思うのも、イラストが関係している。雨が多いのと、描かれている教室も、どこか暗い雰囲気を漂わせているからだ。
アニメーションと言えばもちろん声も大事である。ヒロインを演じる花澤香菜さんの声はとても素敵であったと同時に、教師をいじめる生徒に「なんでこんなかわいい先生をいじめるんだ」と言いたくなるほど可愛い、守りたくなる声であった。
総括すると、この作品を楽しむのであれば、ストーリーではなく絵や音に注目して見ることをおすすめする。

女性40代
女性40代

この作品に新海誠監督の作品の中で私が一番大好きな作品です。
一般的には、新海誠監督の傑作といえば、美しい描写が新海誠監督を有名にした秒速5センチメートルだったり、ファンタジーの要素を取り込んで、アニメ好きなファン層意外の一般の人にもその名を知られる事になった君の名はが有名ですが、私には言の葉の庭、この作品が一番心にささりました。
この作品は、男子高校生と、男子高校生が通う高校生の女子教員との交流を描いた作品です。
一般的には恋愛映画ととられる作品だとおもいますが、私はこの作品を恋愛とは見る事が出来ませんでした。
確かにこの作品の主人公とヒロインの女子教員には恋愛に似た感情が芽生えるのですが、 恋愛と呼ぶにはまだ若い恋心と、結婚適齢期と言える大人の女性であるヒロインから見る主人公の直向きさは、社会で揉まれ道に迷った大人達には、過去の自分と対峙している様な、それでいて勇気付けられている様な、懐かしい気持ちと前向きな気持ちになれる作品です。
新海誠監督の描く美しい雨にうたれ、少し萎れた大人達の心の葉が再び青々とみずみずしさを取り戻す様な気持ちになれます。

女性40代
女性40代

雨と緑の美しい公園の描写が印象的なこの作品。モデルになった場所があるそうですが、自分の家の近くにもこんな場所があったらなと思いました。物語は靴職人を目指す高校生が謎めいた年上の女性と出会う事から動き出しますが、思春期の男の子、心に傷のある女性、二人の心理が繊細に描かれていきます。年齢差、立場の違いが二人の距離を簡単に近づけたり、救ったりするわけでもなく、歯がゆさと切なさが募ります。それが雨のシーンが多い事で増幅される感じです。これからの二人がどうなっていくのか気になりますが、大人になっていく主人公の中でただの良い思い出と変わっていくのでしょうか。若さゆえの情熱や感情と折り合いをつけたりして・・うーん、青春からかなり遠ざかった身としては胸にくるものがあります。一つ気になったのは女性役の声優さんの声が可愛すぎて、そんなに年上の大人の女性に見えなかったこと。もう少し落ち着いた感じの声でも良かったきがするけど、そこは好みですね。

女性30代
女性30代

約50分と短い映画で、雨の日の庭の美しい映像とストーリーの展開に魅入っているうちに過ぎていきました。新開誠監督の作品は映像が美しいため今回も期待して観ましたが、期待通りでした。作中では庭の木々の青々とした美しさが際立っていて、映像を観ていると癒されます。ある雨の日新宿御苑で会った高校生と年上の女性のやりとりを描いた作品でしたが、作中でお互いのことを好きになっていく展開はドキドキで見どころでした。ジメジメとした雨の日の設定であることや学生と年上女性との恋からさわやかさは想像できませんでしたが、観終えた後すっきりとした気分になれました。雨の日が色彩豊かに美しく描かれていたこと、不倫などドロドロとした恋愛でないため、さわやかな作風になっているのだと考えました。映像と話の展開が心地よく、誰でも親しみやすい作品だと思います。

女性30代
女性30代

美しく切ない物語でした。
教師と生徒の淡い恋模様(恋と呼べるかも微妙な段階)がメインで進んでいくので、ちょっといけないものを見ていまっているかのようなドキドキ感がありました。でも全然いやらしい感じはなく、淡い恋心過ぎてガッツリ恋愛ものを見たい方には物足りないかも…。逆にお互い意識し始めてる時を見守るのが好きな方には凄いおすすめです。あのモダモダ感が堪りません(笑)
結末として二人がどうなってしまうかは完全ネタバレなので控えますが、新海さんの作品を昔から見ている方なら大抵予想通りに終わります。でもそれがまたいいんですよね。独特な後味というか余韻が癖になる感じが。一定スパン空けてまた繰り返し見たくなる、一種の中毒性があります。
ちなみに作画は安定の美しさです。新海監督ならではの光の描き方を存分に堪能できると思います。

女性20代
女性20代

背景の描写が本当に素晴らしいです。緑の葉や揺れる水面、降り続く雨の表現が美しく、引き込まれます。
ストーリー事体は特別大きな出来事が起きるわけではなく、静かに進んでいく印象ですが、主人公たちのそれぞれの心理描写が丁寧でリアルです。見る人の年齢や背景によって毎回受け取りかたが違ってくるのではないかと思います。
声優さん方の演技もとても自然で物語に集中しやすいです。
私はタカオの葛藤にも、ユキノ先生の電車に乗れない感覚にも共感出来て、何度見てもラストシーンで一緒に泣いてしまいます。
最後まで明確な関係性が提示されなくても、そこまで含めてリアルで、この作品らしいです。
また、主題歌との親和性も注目ポイントだと思います。作品も歌も、ネガティブだけではない雨が描かれているところが魅力です。
実写よりも美しい背景と、ちょっと切ないリアルさを求めて、何度でも観たくなります。アニメですが大人にこそおすすめしたい作品です。

男性10代
男性10代

【言の葉の庭】は2013年に公開されたアニメーション映画です。
新海誠監督が初めて描いた恋の物語で、比較的短めの作品となっています。

雨の日に午前中の授業をさぼる男子高校生と、彼が訪れる東屋で朝からお酒を飲んでいる女性との出会いから始まる物語です。
彼らは雨の日にだけ会うことができ、ある種の共通点を抱えた2人は、晴れの日にはお互いのことを想うようになります。

いつまでも雨が降っていればいい。そうすれば一緒にいられる。しかし現実には晴れが存在する。
梅雨に入って会う時間が増えることで次第に心が満たされ、しかし梅雨が明けて再び会えない期間がやってくる。
どこか謎めいた彼女に段々と惹かれていく男の子と、様々な事情から彼とは距離を保たなければならないと戸惑う彼女との複雑な関係の距離感が、梅雨の季節を用いて丁寧に表現されています。

物語に登場する東屋は庭園にあるのですが、野鳥の鳴き声や小川の流れ、雨が傘をたたく音など、作品全体を通してこだわりの深い心地よい音が多く含まれているため、穏やかな心持ちになります。

雨は気分が冴えないから好きじゃない。という人は多いと思いますが、そんな人にこそ是非ともご覧いただきたい作品です。
私はこの作品から、雨の日だからこそ誕生する物語があるのだと知り、気づけば彼らのように雨を待ち望んでいたりします。

女性20代
女性20代

新海誠監督のアニメ作品は本当にどれもこれも素晴らしいなと改めて思いました。私はこの作品を観て雨が好きになりました。以前は雨は湿気が高いから髪の毛がうねって崩れて天然パーマからしたら嫌なことしかない、なんて思っていたのですが、この作品の雨のシーンはとにかく美しくてまるで何か神聖なものでも目にしたかのような気分になりました。そして、雨以外にも出てくる風景の一つ一つが綺麗で終始うっとりとしてしまいました。内容に関しては、率直に言って複雑だなと思いました。教師と生徒、この関係性から一歩踏み出すことは世間からしたらタブーで、決してあってはならないとされているから、結局何が2人にとって最善の道だったのか、その答えは簡単に出せないなと思いました。無難な選択だったけれど、あれで2人が本当に心の底から納得できたかと言えばそんなことはないだろうなと思いました。

女性20代
女性20代

とにかく涙がでてくる作品です。小学生のころいじめてしまった耳の聞こえない女の子と、主人公の男の子が高校生になって再会してなんとかみんな自分を取り戻していくような物語です。いじめた側、いじめられた側、そしてその子たちの家族。今回いじめてしまった男の子は反省というか、そのことによって長い間自分も心をとざしていて、「死ぬ」という選択をしようとしていました。そしてまたいじめられた女の子も耳が聞こえないことでまわりに迷惑をかけてしまう、自分はいなくて良い存在と思い込み「死ぬ」という選択をとろうとします。いじめる側の視点をあまり考えたことがなかったので、今回とても考えさせられました。自分ならどうしていたか、大人になってこの作品をみましたがリアル感が蘇ってきて心が苦しくなりました。でも、最後はとても良い結末だと思います。とにかく涙なしには観られない作品です。

女性20代
女性20代

見どころの一つとしてまず、絵が本当に繊細できれいです。アメリカ人の友人に見せたとき最初のの何秒かは実写だと思ったと言っていました。たしかにアニメ作品だと知らずに見たら最初は間違えてしまうかもしれないぐらい奇麗な実写のような絵だなと思います。梅雨でも東京でも人が多くてもいじめがあっても、素敵な出会いは電車や人混みや街並みすらも奇麗に見せるんだろうなと思います。秦基博さんがカバーしたRainがこの世界感に合っていて、この曲を聴くたびにタカオとユキノと二人が会っていた庭園を思い出します。少し年齢差がある二人なので今すぐにどうにかなってほしいとは思いませんが、「遠くまで歩けるようになって」また会えるようになったらどんな風に会話をするんだろう、どこで会うんだろう、どんな展開になるんだろうとアフターストリーを想像するくらい、ストーリーや絵が心に残る作品です。

まとめ

この映画は、言葉で伝えることの大切さや人との関わりに方について考えさせてくれる映画になっている。新海誠監督の表現する映像美の美しさも注目の作品だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました