ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ジュラシックパーク 無料動画配信フル視聴(続編映画 吹替 ロストワールド) openload Pandora 9tsu

ジュラシックパーク/ロストワールド 洋画

TM&(C)1996 Universal City Studios, Inc., &Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (吹替版) – 予告編

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  〇 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  〇 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の監督であるスティーヴン・スピルバーグの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・バックトゥザフューチャー1

・バックトゥザフューチャー2

・バックトゥザフューチャー3

・レディー・プレイヤー1

\ 作品映像をチェック /

▼スティーヴン・スピルバーグ監督の作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

『ジュラシックパーク』の歴代作品紹介

ジュラシックパーク 作品 U-NEXT hulu TSUTAYA TV/DISCAS
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド/ジュラシックパーク
ジュラシックパーク3
ジュラシック・ワールド
ジュラシック・ワールド/炎の王国

2020年9月現在、『ジュラシックパーク』シリーズの第6作品まで『TSUTAYA TV /DISCAS』『U-NEXT』『hulu』にて視聴できます。

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

あらすじ

・恐竜再び

ある少女キャシーは親夫婦が海辺で優雅に過ごしている間森の入り口でコンプソグナトゥスという恐竜に会い、サンドイッチの中にあるローストビーフをプレゼントするのだがコンプソグナトゥスが複数で彼女を囲み襲い掛かる。

幸いにも悲鳴で駆け付けた両親により彼女は軽傷で済んだ。

そしてマルコムはハモンド会長に呼び出されたのだが、ジュラシックパークはサイトAと呼ばれるのに対しサイトBと冠されている孵化用の場所があり、そこではいまだに恐竜が存在しているということでマルコムに調査が依頼される。

マルコムはそれを断るが恋人のサラが既に調査に赴いていることから救助に向かうと伝える。

・恐竜捕獲

一方でハモンド会長の甥ラドローは金儲けを目的に恐竜を捕獲しようとしていた。

マルコムは留守番を娘のケリーに任せたつもりだったが彼女は車に無断で入り、ついてきた。

一度は口論になるが仲直りしたところで恐竜ハンターのローランドが恐竜を捕獲にやってきておりPRに活用しようとしているようだった。

ローランドを雇ったインジェン社は人海戦術で捕獲を始めるのだがティラノサウルスの赤子を誘拐し親を捕まえようという計画を立てる。

その夜にマルコムは捕まった哀れな恐竜達を開放し、足を骨折したティラノサウルスの赤子を手当てを終えたとき、その鳴き声で親のティラノサウルスが現れてしまう。

子供を渡すと一度は去ったが引き返した彼らは車を襲い、崖まで追い込んできた。

マルコムはサラを救うも被害が出てしまい、島本部の通信センターにルドロー部隊と共に目指すことになる。

ネタバレ

・人間と恐竜の隔離

通信センターまでの道にはヴェロキラプトルという獰猛な肉食恐竜の巣がある上に一日かかる距離歩く必要があった。

仮眠中にティラノサウルスが現れ部隊は戦闘するのだがティラノサウルスには敵わず敗北し逃げた者はヴェロキラプトルに襲われてしまう。

マルコム達は草むらを走り、通信センターへ移動すると援助を要請する。

襲い掛かってきたヴェロキラプトルをケリーの活躍で逃げ延び、マルコム達は救助ヘリに救われる。

一方でローランドは仲間のアージェイを失いながらもティラノサウルスを捕獲したのだった。

インジェン社は移送のタイミングで彼をスカウトするが彼の仲間を失いたくない意思から断られてしまう。

そして行われた記者会見ではティラノサウルスが興奮状態で大暴れした結果、マルコムは赤子を利用し海へとベンチャー号に誘導し麻酔を打ち、そのベンチャー号を護衛艦により島へ戻すことで安全は戻った。

ソルナ島では恐竜は生きているものの、ハモンド会長は人間から隔離し保護すると宣言したのだった。

\ 本編をチェック! 

映画『ロストワールド』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

イアンマルコム (ジェフゴールドブラム)

サラハーディング (ジュリアンムーア)

ローランドテンボ (ピートポスルスウェイト)

ピータールドロー (アーリスハワード)

ジョンハモンド (リチャードアッテンボロー)

ニックヴァンオーウェン (ヴィンスヴォーン)

エディカー (リチャードシフ)

ローランドテンボ (ピートポスルスウェイト)

主題歌

ジュラシックパーク テーマ曲

Jurassic Parkのテーマ曲

Twitterでの反応

https://twitter.com/tabi58461737/status/1018458063571828736
https://twitter.com/kh_ykmrfj/status/900322116939141121

こんな人にオススメ

ジュラシックパークを見た人。

恐竜好きな人。

恐竜がもしも現実に再現出来たらどうなるか、という映画ですがやはりこうなるだろうという展開になっています。

謎が多くロマン溢れる恐竜ですが見てみたいと思う反面実際に見る時が来たら死の危険に晒されてしまいそうですよね。

しかし映画なら、そんな心配はありませんので是非ご視聴ください。

感想

感想はここから見れます
男性40代
男性40代

ジュラシックパークの続編である「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」は、恐竜の調査や先行隊の救助に行ったチーム、恐竜を捕獲する人たち、それぞれの思惑や身勝手さによって、恐竜たちが住む島を出て、サンディエゴで大暴れしてしまうという、なかなか傍迷惑な内容になっているのが面白かったです。

随分昔の映画ですが、T-レックスやコンプソグナトゥスやパキケファロサウルスといった恐竜たちの完成度が高く、生き生きと描かれているのは凄いと思います。
恐竜をモチーフにしたパニック映画ですが、序盤の主な登場人物たちの気楽さが終盤の大事件へと発展して、辛うじて事件が解決したという安心感を感じられる作りは良かったです。

ストーリー展開は、恐竜がいる地区の調査が行われる一方で、依頼した会社の会長の甥が金儲けの為に恐竜を捕獲する事を考えて実行に移した事で、最終的にはサンディエゴの街にまで被害が拡大していきますが、恐竜たちがよく出来ているので迫力のある映像が素晴らしかったです。

男性60代
男性60代

大ヒット作「ジュラシック・パーク」を観て良かったのでその続編「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」に興味を持ち鑑賞しました。いなくなってしまった子供の恐竜を探して母の恐竜が暴れまくるパニック映画です。

マルカムの恋人の恐竜学者サラが自分勝手なことをしているのが原因で、事態は悪化し大変なことになっていきます。

迫力ある映像とハラハラドキドキする展開で、パニック映画として十分楽しめる内容です。

最後には、恐竜がアメリカ本土サンディエゴに上陸した上で、街中をゴジラのように破壊していくので、ハラハラしながらも個人的には娯楽映画としては楽しめました。

もう20年以上前の作品だがそんなに古いとは思えないほどのクオリティ映像で、今見てもまったく遜色がないと感じます。

鬼気迫る恐竜と人間との攻防や街中を破壊する恐竜がリアルで、見ているこっちがドキドキさせられます。

エンターテイメントとしては、十分に楽しめる内容です。

男性40代
男性40代

あの、ジュラシック・パーク事件からの続編。

更に、パワーアップして、帰ってきた作品です。

ポールとデアドラ夫妻は、キャシーという幼い娘を連れ、ヨットクルーズを、バカンスで楽しんでいました。

そのころ、キャシーは、森に遊びに行っていました。

ここで、どんな恐竜に出会うかと、ワクワクしていました。

キャシーは、一匹の大きめ名トカゲと出会います、森の入り口で。

後の、コンプソグナトゥスです。

とても小さくて可愛かったのですが、キャシーが、ローストビーフを、餌として与えた為、次々と、コンプソグナトゥスが、約、20~30匹出てきて、キャシーに襲い掛かりました。

とても迫力のあるシーンでした。

実は、そこは、封鎖されているはずの、ジュラシックパークだったのですが、通称、サイトA、サイトBと呼ばれ、Bでは、恐竜を飼育していたのでした。驚きでした。

時は、流れ、実はそこには、6500万年前に絶滅した恐竜が山ほどいたのです。

とても、興奮しました。

これ濃さが、ロスト・ワールドの醍醐味でした。最高の作品でした。

女性40代
女性40代

太古の時代に絶滅した恐竜たちを、科学の力で現代に蘇らせるというストーリーです。

スピルバーグ監督の着想はすごいですね。

今でも驚きなのに、20数年前に製作したのですから、鬼才でしょう。個人的にUSJの「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」も映画の世界そのものでおススメです。

ハモンド会長の全く新しい娯楽施設は、遺伝子操作で復活した恐竜でいっぱい。

発想そのものはわくわくしますが、なにしろ相手は恐竜です。

おまけに肉食のティラノサウルスなども、ほぼ自然のままだから、さあ大変。

ハモンド会長の孫たちもツアー参加しているので、思うように移動できません。

ヴェロキラプトルは賢くて、都度人間からも学習しているようです。

技術を盗もうとする人間が現れたり、コンピューターが制御不能になったり、なにかと不利に働きます。

自然界からの警告をうまく発信していますね。

ドアップだったり、ものすごいスピードで走る、超がつく迫力の恐竜たち。

他ではなかなかお目にかかれませんね。

女性30代
女性30代

ファンから不人気らしいジュラシックシリーズの第2作です。
何やら登場する女性の選択が愚かだ、という理由のようです。
わたしはそんなに気になりませんでした。映画ってこういうものですよね。トラブルメーカーがいて、事件が起きていく。そこまでトラブルメーカーとも思わなかったですが。
前作も登場したマルコム博士がメインのお話です。
わたし、炎の王国を見るまでジュラパはずっと避けていました。ハラハラアクションが苦手だったので。
それでも地上波で流れてちらっと見て、ものすごーーーく印象に残っているシーンがあったんです。むしろそのシーンが怖くて怖くて、それでジュラパを見ていなかったんです。
今回ちゃんとシリーズぜんぶ見て分かりました。小さい頃テレビでちらっと見て、怖いとトラウマになったのは、あのバスのシーンでした。
バスが崖から落ちそうになっていて、ガラスの上に女性がいて、ピキピキとガラスにひびが入っていく。あれ、本当に怖かった。
大人になってみると、まあ他にもショッキングなシーンが沢山あるので、そこまで際立って見えないですが、怖かったです。
マルコム博士がとにかくかっこいい回なので、わたしは好きです。

女性30代
女性30代

第1作目の主役グラント博士が出ていないのは残念でしたけど、小さな恐竜がすごい数で襲い掛かってきたり、テントにティラノザウルスの影が映ったり、今回もすごく怖くて面白かったです。

今夏は恐竜のいる島に行く編と、島から恐竜が街に来ちゃった編に分かれていて、町を闊歩するティラノザウルスというのもなかなかシュールでおもしろかったです。

ていうか、ハモンド一族はバカしかいないんですか。

そんな恐竜を街に連れて行くって悲劇が起きるに決まってるじゃないですか。

そんな考えなしなことをしちゃうハモンドの甥の最後もなかなか哀れで面白かったと思います。

今回の主役、マルコム博士は、1のときよりも皮肉な性格は抑えめでヒーローぽい感じになっていました。

前作では足を折り、寝ている場面が多かったですが、今回は最初から最後まで活躍しっぱなしです。

1のときからマルコム博士っていいキャラだなと思っていたので、彼が活躍してくれるのはうれしかったです。

また、彼の仲間の青年も、ちょっと性格に難ありですが、恐竜に対して優しかったり、頼りがいもあったりして結構好きなキャラでした。1とは違う感じで面白い作品でした。

女性30代
女性30代

最初の女の子が小さい恐竜に襲われてしまったのも衝撃的でした。

餌を持っていたからということもあったと思いますが、動物は人間に対しても動くものに対してエサだと認識してしまうのでそこはどの動物に関しても恐ろしい面だと思います。

動物が言葉を話することが出来ていたらこういったことにはならないのですが、恐竜も動物も言葉を話することが出来ないので自然界の動物と近づくときには何でも注意しないといけないです。

恐竜がテントの中に入ってしまったときにはドキドキものでしたが、危機一髪気付かれずに過ごすことが出来ました。

きゅう覚が凄いので鼻を使っていたのもリアルでした。

容赦なく住処に入ってきてしまうのですが、民家にも来てしまったときは男の子の平然とした感じに驚きました。

カメラで納めていたのでどれだけ余裕なんだと思ってしまいます。

犬小屋を壊されてしまっていましたが、やっぱり恐竜は危険な生き物なので今の時代にいたらとんでもないことになっているんだと思ってしまいます。

女性30代
女性30代

前作「ジュラシック・パーク」が高く評価されたため、比較されたり低評価を受けることの多い作品という印象の強い映画です。

しかし、「離島ではなく都会に恐竜のテーマパークを作る」という野望を掲げた青年と、都会に連れてこられた恐竜が巻き起こすパニック模様が描かれた後半の内容は、強く印象に残る映像の多い作品だと言えます。
物語の前半は、サンディエゴに輸送する恐竜たちの捕獲の場面で、前作と異なり明確な「戦う意思」を持って恐竜の島を訪れた人間たちの様子が描かれます。

中盤の、草むらから忍び寄り、ひとりまたひとりと狩っていくラプトルの姿や、ティラノサウルスに食われた人の血が滝の水に混じり滴る描写など、前作の「逃げる・隠れる」を主体とした主人公たちの動きとは対照的とも言える恐竜との駆け引きの様子は、充分楽しめる要素です。
物語全体を通して、人間側が恐竜に対しあまりに無知であったり、ビジネスの道具としてしか見做していなかったために悲惨な最期を遂げるなどの人物が見られ、スカッと爽快な冒険譚という要素が少ない点に、やや不満を感じる傾向が見られる作品です。

男性20代
男性20代

前作に引き続き、恐竜パニック映画として非常に楽しめました。
スピルバーグ監督ということもあって、ストーリーもシンプルで分かりやすく恐竜たちも縦横無尽に画面の中を駆け回っていました。
また、物語を通して恐竜たちの雄大さや身近に迫ってくる恐怖(この映画を通してやはり巨大さというものは強さの象徴なのだなと改めて痛感しました)、そして人間のエゴを深く感じました。

自分たちの狩猟欲を満たすため、研究に使用するため、お金を稼ぐため、そんな理由で恐竜たちを捕獲しようとする人間たちは恐竜よりもよっぽど怖い存在です。
きっと今まで絶滅した動物たちの中にもこの映画に出てくる恐竜たちのように人間によって絶滅の危機にさらされたものたちも数多くいたのでしょう。
しかし、恐竜たちも負けてはいません。

ティラノサウルスが車の中をのぞき込むシーンやヴェロキラプトルに囲まれるシーンなどはホラー映画かと思うほどの恐怖でした。
救いだったのはラストシーンで実業家でジェラッシクパークの創設者であるジョン・ハモンドが島の保護を訴え、ひとまずは人間の手が入らなくなったロストワールドで恐竜たちがいきいきと躍動し、生きている姿でした。
そんな恐竜たちにワクワクさせられっぱなしの2時間でした。

女性30代
女性30代

他のシリーズのジュラシックパークに比べると、より現実世界に近い作品を描いています。

シリーズ1で恐竜たちは自分たちで繁殖できないので放っておけば息絶えると放置していたが、そうではにかもしれないとの疑惑が出てきて調査に乗り出す話です。

恐竜は珍しい存在ですので、人間の欲がでることで、恐竜をお金として扱おうとするひどい人たちがでてきます。

その安易な考えが悲劇を招くとまでは考えていなかったので多くの犠牲者がでます。

私が一番印象的なのは恐竜を入れていた船の船員が全員Tレックスにやられるシーンです。

なんとかして船の天井をふさごうとボタンのところに腕だけがありボタンを押し続けているシーンはすごく衝撃的でした。

恐竜に食べられるシーンや食べられた後のシーンを含めて、私は一番この作品が恐ろしいと思います。

他のシリーズでは、人間が襲われたり食べられたりするシーンに恐怖をそれほど抱きませんでしたが、この作品はとても恐ろしく感じます。

まとめ

ジュラシックパークの第二作品ですが、今作の終わりはまだ続きがあるとわかるものでしたね。

島ではまだ恐竜が生きている以上、いくらでも問題は起こりえます。

ここからどのように物語が展開されていくのか、期待の膨らむ展開となっているので順番に視聴することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました