ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ジュラシックパーク 無料動画配信フル視聴(続編映画 吹替) Dailymotion Pandora 9tsu

ジュラシックパーク 洋画

 

TM&(C)1993 UNIVERSAL STUDIOS AND AMBLIN ENTERTAINMENT, INC. All Rights Reserved.

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ジュラシックパーク』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ジュラシックパーク』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  〇 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  〇 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ジュラシックパーク』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ジュラシックパーク』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ジュラシックパーク』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ジュラシックパーク』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『ジュラシックパーク』の監督であるスティーヴン・スピルバーグの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・バックトゥザフューチャー1

・バックトゥザフューチャー2

・バックトゥザフューチャー3

・レディー・プレイヤー1

\ 作品映像をチェック /

▼スティーヴン・スピルバーグ監督の作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『ジュラシックパーク』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ジュラシックパーク』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ジュラシックパーク』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

『ジュラシックパーク』の歴代作品紹介

ジュラシックパーク 作品 U-NEXT hulu TSUTAYA TV/DISCAS
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド/ジュラシックパーク
ジュラシックパーク3
ジュラシック・ワールド
ジュラシック・ワールド/炎の王国

2020年9月現在、『ジュラシックパーク』シリーズの第6作品まで『TSUTAYA TV /DISCAS』『U-NEXT』『hulu』にて視聴できます。

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

映画『ジュラシックパーク』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

あらすじ

・ハモンド会長との出会い

新事業を始めたいハモンド会長は事業のためにイアンマルコムに加え、アラングラントの二名の学者に施設見学と審査を頼む。

ちなみに彼はある事故により被害者家族により訴訟を起こされていた。

一方でアメリカの北西部のモンタナ州で古生物学者のグラントに彼の恋人であり古代植物学者でもあるエリーは助手とともに恐竜の化石の調査を行っていた。

研究費用に困っている二人がキャンプに帰るとハモンド会長が既にそこにいたのだが二人は彼と会ったことがなく知らなかったためハモンド会長は自己紹介をし、視察を頼む。

戸惑うグラントに対し、資金援助を申し出られると彼は断ることはできず視察に行くことを決めたのだった。

・ジュラシックパークの紹介

ジュラシックパークという看板のある施設の周囲には高圧電線と柵に加えセキュリティ面もきっちりしており動物施設とは思えない厳重なシステムで、車に乗りながら彼らは本物の恐竜が生きているさまを見る。

ハモンド会長の新事業というのは本物の恐竜を再現した動物施設で、どうやって再現したのかとグラントが疑問に考えていると中央の巨大スクリーンのある施設で解説が行われる。

蚊が恐竜の血を吸い、それを樹液に飲み込ませ抽出し欠落しているDNAを別の動物で補うことにより恐竜の再現が出来たという。

しかし、グラント博士は自然に野放しにされている肉食恐竜が制御できなくなった際に危険だと考えたのだが恐竜は雌しか存在しないようで外には出ていかないとのことだった。

二人で反対するのだがハモンド会長は次に厳重に閉じ込められているヴェロキラプトルの檻へと向かう。

ヴェロキラプトルは高い知能に加え獰猛性が高いことから身内間の争いで人数を減らしてしまっていた。

午後は基本コースの紹介をすると、これらの施設を一般開放しようとしていることを告げる。

次に案内されたディロフォサウルスの場所では恐竜は姿が見えず、次のティラノサウルスのコーナーにおいても出てこないどころか獲物を用意しても姿を見せないほどだった。

一方で島から120kmの位置から暴風雨が来ていたのだがハモンド会長はそれを楽観的に考えていて……

ネタバレ

・恐竜たちの襲撃

彼らは病気になってしまったトリケラトプスを観察しエリー博士は有毒な何かを食べたのだろうと言い、その場にスタッフとともに残った。

ほかのメンバーは嵐のために残りの案内を明日に回した。

ある胚を盗むよう依頼されたネドリーというシステムエンジニアは研究所に入り、目的の物を缶に詰め込むと取引する場所へ向かうのだがその最中にディロフォサウルスと出会う。

ディロフォサウルスは他の恐竜と違って恐怖を煽る見た目でなく、ネドリーはそれほど気にしていなかった。

しかし、ディロフォサウルスは彼に毒液による攻撃を加え、倒れた彼をディロフォサウルスの群れが襲う。

その後停電が起き、ティラノサウルスが出現し気づかれて車を攻撃されてしまう。

全員が危機に陥り、弁護士のドナルドは死んでしまい子供たちは助かるのだがマルコムは負傷していた。

その後は草食恐竜エリアの樹の上で過ごし、ハモンド会長は自分の考えの甘さを反省する。

帰る途中に孵化した卵を見て、オスが存在していることが発覚した。

ネドリーはシステムをロックしており、それの対処のためにシステムの電源をリセットすることが挙げられ、実行される。

しかし、電源が戻らずに見に行くと破れたラプトルのフェンスに加え腕だけのアーノルドというリセットに向かったエンジニアも発見することになった。

救援ヘリを要請し、その過程でも襲われつつ彼はヘリに向かうのだがそのさなかにグラントは承認は断ると告げハモンド会長もそれに納得していた。

\ 本編をチェック! 

映画『ジュラシックパーク』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

アラングラント博士(サムニール)

エリーサトラー博士(ローラダーン)

イアンマルコム博士(ジェフゴールドブラム)

ジョンハモンド(リチャードアッテンボロー)

レックス(アリアナリチャーズ)

ティム(ジョセフマゼロ)

デニスネドリー(ウェインナイト)

ロバートマルドゥーン(ボブペック)

レイアーノルド(サミュエルLジャクソン)

主題歌

ジュラシックパーク テーマ曲

Jurassic Park / Main Theme

Twitterでの反応

こんな人にオススメ

ジュラシックパークシリーズをこれから見ようと考えている人。

恐竜好きな人。

今映画は恐竜を軸にしたシリーズ映画の初作となります。

恐竜好きな人には是非ここから始めていただきたい作品でおすすめです。

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

ここからすべて始まったのですね。
ハラハラアクションは大の苦手なので、ジュラシックシリーズはずっと避けて通っていました。が、ジュラシックワールドの炎の大国を見て大ハマりしました。
そこからシリーズを遡ってすべて見ました。
やはり1作目こわいです。ジュラシックワールドから見たので、Tレックスはヒーローのように感じていたのですが、やはり怖いです…。
ただ、ここで出てくるTレックスがジュラシックワールドで出てくる個体と同じ、という設定を見たので、感慨深くありました。
ジュラシックパークが生まれるきっかけは、ジョンハモンド、お金持ちの道楽に感じます。
恐竜をなめている、人間の手の中でどうにかできると思っている。とても傲慢ですね。
自分の夢は実現させたい、でも孫たちの安全が大事、という、悪人になりきらない傲慢な役です。
お金持ちって、無理な夢があってもそれを実行に移せる資金があるから困りものです。叶えようと思えばできてしまう。
恐竜大好きなはずのグラント博士が、ジュラパ3では恐竜こりごりキャラになっていました。そういうことです。
机上の空論です。

女性40代
女性40代

本作公開当時まで恐竜映画の本格的な実写化はほぼ不可能でした。しかしそれを可能にしたのが名匠スピルバーグの手腕と最先端テクノロジーを駆使した驚異のCG技術と出演者達の熱演でした。
幼い頃誰もが図鑑等で魅力されたティラノサウルス、トリケラトプス等が画面一杯に暴れまわる姿は圧巻の一言でした。
もちろん映像技術だけではなく、ストーリーも考えさせられる内容でした。富豪が恐竜のクローンを科学者達と作り出しテーマパークを開きます。パークの安全確認を任された学者達サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム達、富豪の孫の幼い姉男2人も交えてパークをまわっていくのですが、富豪の部下の裏切りでパーク内で大事件が起きていく、という内容です。
私は中でも数学者演じるジェフ・ゴールドブラムの存在感がひときわ光っていた気がします。もちろん恐竜が人間を次々と襲っていくショッキングさも必見なのですが、恐竜を愛している科学者や子供達が恐竜に襲われてもなお、恐竜の存在に畏敬の念を持ちアクションをしていく姿に公開当時の私は非常に感動をしたものです。
本作シリーズは全て観ていますが、どんどん技術やストーリーが進化しても、恐竜を敬う監督達の心は第一作から全く変わりません。

女性30代
女性30代

ジェラシックパークは、子どもの頃、私が初めて映画館で見た映画です。その後ロストワールドやジェラシックワールドも見ましたが、最初のジェラシックパークは印象的で、映画の記憶が今もよく残っています。。トイレで恐竜に襲われるシーンや、エリマキトカゲのような恐竜に毒をかけらるシーンは今でも忘れられません。子ども達が草食恐竜に餌をやるシーンもありました。ラプトルが出てくるシーンは、幼い私には怖すぎて見ていられなかったほどです。映画館からしばらく出て、ラプトルのシーンが終わったのを見計らって館内に戻った記憶があります。見所はやはり、大型の草食恐竜とティラノサウルスでした。ジェラシックパークのシリーズには欠かせない立役者で迫力満点です。ハマり役は何と言っても、リチャードアッテンボロー演じるジョン・ハモンド。好印象のおじいちゃんが、計画が狂うとヒステリックになるシーンは人間臭くていい感じです。人間の敷いた秩序が自然によって破壊される。最終的に、パークを放棄し逃げていく人間達。恐竜や大自然はちっぽけな人間では管理できないという事を教えてくれました。印象的かつシリーズの中でも一番面白い作品だったので、最新作が出る前には必ず思い出される一作品です。映画が好きなので、色々見ますがここまで鮮明にシーンが思い出せる映画はそんなにたくさんありません。スピルバーグ監督は素晴らしいです。

女性30代
女性30代

まだコンピューター・グラフィックスもそれほど導入されていない時代に、よくここまで恐竜たちをスクリーンに登場させたな、と思います。
最近、ジュラシック・ワールドシリーズが新たに劇場公開されたこともあり、比較してみるとこの30年ほどで、どれほどコンピューター・グラフィックスの進歩が大きいのかを改めて実感できます。
とはいえ、ジュラシック・シリーズ初代となるこの作品は、テーマがとても分かりやすくて、軸がしっかりしており、古き良き映画の醍醐味を味わうことができます。
当初、観光目的で作られたジュラシック・パークが、本能に目覚め、人間を襲い始める肉食恐竜たちによって恐怖のパークに変貌を遂げていくところ、いかな文明の機器を用いていても、これまで殆ど動植物たちを食してきた人間たちが、今度は肉食恐竜たちの獲物として狩られる立場へとなり、弱肉強食の世界をまざまざと見せつけられていくのは、当時観ていて純粋に怖いと思いました。

女性40代
女性40代

原作を読んでから、劇場で見ました。
原作のファンです。
映画で見ると、かなり内容を削っていて、ちょっとがっかりしました。
が、やはりCGで動いている恐竜を見た時は、鳥肌が出るほど興奮しました。
冒頭で、主人公のグラントが、原作では子供好きなのに映画では、子供嫌いになっていたので、なぜこういう設定に変えたのかな?子供好きのイメージで話が進むと思っていたのでとても不思議に思いました。
恐竜と人間は、同じ時代に存在していないので、実際に襲われているシーンは、恐怖を覚えました。
それまで、ティラノサウルスやブロントサウルスなどは、知っていたものの、ヴェロキラプトルはこの映画で初めて知りました。
恐竜なのにハンターのような能力を持ち合わせた物が、存在していたとは以外でした。本を読み想像していたのが、実際スクリーンで見ると迫力あり、よかったです。
この映画により、恐竜の研究がより進み、恐竜=大きな爬虫類から鳥類の祖先に位置づけられていくのも、1ファンとしては、興味深い点です。

女性30代
女性30代

25年以上前の作品ですが、恐竜が本格的過ぎて、すごく迫力のある映画です。タイムスリップではなく、恐竜を現代に蘇らせたと言う設定が素晴らしいです。ストーリーの内容としては、主にアランとハモンドの孫たちが恐竜から逃げる冒険物語のような、ただのパニック映画の一つかもしれませんが、このジュラシック・パークからジュラシックシリーズが現代に続くので、シリーズ1作目とあって感慨深い作品ではあります。ハモンドの孫たちが、まだ小学生ぐらいで本物の恐竜と戦う(と言うより逃げ惑う)ところがドキドキ感を増幅させている演出になっていると思います。特に、初っ端で子供たちが乗った車をTレックスにロックオンされて、車ごとコテンパンにされるシーンが出てくるのですが、最終的に助かると分かっていても、手に汗握るシーンの一つになっています。その後訪れる、柵の電流を復活させる&アランと子供たちが急いで柵を超えるというシーンがありますが、恐竜とはまた違う緊張感のあるシーンになっています。最後の恐竜vs恐竜のシーンが、この映画の最大のみどころになっています。結局、恐竜は人間だけに敵意をむき出しにしていたのではなく、トラやライオンと同じような肉食動物なだけであるということを示しているように感じました。それを象徴するかのように、最後戦いに勝ったTレックスは、自分が一番強いと言わんばかりに吠えるのですが、その姿が何とも言えないほどかっこいいです。恐竜は恐いけど強くてかっこよく、憧れでもあり、恐竜を好きになるきっかけになる作品でもありました。

男性20代
男性20代

率直な感想としては、リアルにこんな世界があったら「素晴らしい!!」、「ワクワク!!」、「怖いな!」と思いました。
今の時代では考えられない壮大な恐竜の世界。恐竜と共存したらこんな世界なんだと見入ってました。
私が初めて「ジュラシック・パーク」を見たのは小学生の頃ですが、本当に蚊の血液から恐竜は蘇らせれるんだ!と、思ったのを覚えています。

特に印象に残っているのは雨の中ティラノサウルスが現れるシーンです。
少しの物音にも反応し、匂いなどで人間を追い込んでいく、ドキドキが止まりませんでした。

話が進んでいくにつれて色々な問題が起きる。次に何が起きるのか、観ている人を引き込む映画だと思います。
映画の中で、恐竜を子供達が必死で追い返そうとしている姿、お漏らししてしまったり、感電して髪の毛が爆発したり、笑いもありハマっていくきっかけになったと思います。

後半には、ラプトルから逃げ回ったりと終始目が離せない展開もよかったと思います。
続編に続く演出により次回作が気になる終わり方も最高でした。

女性30代
女性30代

当時大旋風を巻き起こした映画で、まだ幼かった私はこれが現実なのか、それとも架空の世界なのかと混乱したのを覚えています。それくらい映像がリアルで、いい意味でショックを受けた作品でした。音楽も映画にとてもあっていて、壮大で雄大なイメージにぴったりなダイナミックな音楽は、映画のタイトルを聞いただけでも思い浮かべるくらいです。そして何よりも、恐竜がよみがえり目の前にいるような感覚が、映画を見ているだけでも十分伝わり、映画を見ながらハラハラドキドキしたのが何とも楽しかったです。恐竜が出てくるので、奇想天外な話かと思いきや、しっかりと内容は固められていて、現実に起こってもおかしくないリアルな内容に、本当にこんな世界があったらどうしよう…と不安になるくらいでした。迫力満点で、ダイナミックな中にも人間模様がしっかりと描かれていて、人間と恐竜との共存の仕方であったり、これからの未来をうかがわせる内容に興奮しました。

男性40代
男性40代

観た当時は本当にビックリした映画です。あまりにも恐竜の動きがリアルすぎて、それまでの同種類の映画とは明らかにレベルが違いました。
ティラノサウルスは巨大で迫力がありましたし、ヴェロキラプトルはその凶暴性と頭の良さに震え上がりました。
ティラノサウルスは有名な恐竜でしたが、ヴェロキラプトルのことを知ったのはこの映画が初めてでした。小さくても、おそらく白亜紀で一番恐ろしかった生物でしょう。
そういう意味では大衆迎合せずにマニアックに作り込まれているのですね。恐竜を現代に再生する発想もそうです。
太古の琥珀の中に恐竜の血を吸った蚊が閉じ込められていて、そこから恐竜のDNAを抽出して複製したのです。
この発想は、その後現実の生物学にも波及したほどで、ジュラシックパークはまったくの夢物語ではありません。
キャスティングもそれほど派手ではありませんが、個性的でよかったと思います。古生物学者の主人公を演じたサム・ニール、風変わりな数学者を演じたジェフ・ゴールドブラムが特によかったと思います。とにかく、観て損はしないというより、観なければお話にならない映画です。

女性30代
女性30代

ジュラシックシリーズの記念すべき第一作目です。見どころはなんといっても、恐竜たちです。最初、この作品を見たとき、あまりのリアルさに、感動しました。グラント博士たちが島に着いて最初に見るのは、草食恐竜のブラキオサウルスなんですが、これがまたでかいんです。もう圧倒されました。そして、もちろんティラノザウルスの恐ろしかったことったらなかったです。声がでかすぎるし、顔もでかいし、走るし、怖くて震えあがります。ティラノザウルスが襲ってくるシーンはすべてが神なのでぜひ見てほしいと思います。大金持ちジョン・ハモンドが夢見た恐竜のテーマパーク、大金持ちなのにスタッフの量を最小限度に抑えていたり、すぐに壊れる網を使っていたり、いろいろ爪の甘かったハモンドさん。そりゃあ、大惨事起きるわって感じです。恐竜の無法地帯となってしまった島から、主人公たちは脱出できるのか、とてもハラハラする作品でした。一度見ると忘れられない印象を与えてくれますし、何度も見たくなります。

まとめ

ジュラシックパークシリーズ映画の第一作品で、恐竜が好きなら見ておいて損はありません。

恐竜に興味があるという人にも是非お勧めしたい作品となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました